INTERPRETATION

第244回 「死んだふりをする」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

play possum (死んだふりをする) 
During our trip to the mountains, we saw a bear, so we played possum until he left.
(山に旅行した際クマを見かけたので、クマが去るまで死んだふりをしました。)

******

今回ご紹介するplay possumは「死んだふりをする」という意味です。possum自体は「フクロネズミ」のことで、opossumとも言います。有袋類でネズミに似ており、攻撃されると死んだふりをするという特徴があります。ネットで検索してみると写真や動画があるのですが、ちょっと寄り目で可愛い表情をしているのですよね。

この表現はまさにポッサムの特徴をとらえて、それがそのまま使われるようになりました。一方、動物を使った他の表現ではrain cats and dogs(雨が激しく降る)、elephant in the room (あえて話題にしない重要な問題)、as poor as a church mouse(極貧の)などがあります。興味深いですよね。

ところでずいぶん前に西オーストラリア州のパースへ旅行に出かけたことがあります。そのとき、船に乗ってロットネスト島を訪ねました。パース近くでは波も穏やかだったのですが、沖に出るや一気に本格的な揺れとなりました。ロットネスト島は自然保護区に指定されており、島ならではの動植物が見られます。中でも印象に残っているのがquokka(クオッカ)という有袋動物。日本では埼玉県東松山市にある「埼玉県こども動物自然公園」で鑑賞できます。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END