INTERPRETATION

第122回 「自分の仕事を熟知している」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

know one’s onions 自分の仕事を熟知している

He’s an excellent staff. He certainly knew his onions.

彼は素晴らしいスタッフですね。確かに自分の仕事を熟知していましたよ

know one’s onionsは「自分の仕事を熟知している」という意味です。どちらかというとイギリスでよく使われる口語表現で、一説では1920年代ごろから用いられているそうです。  

ただ、今回原稿の執筆にあたり色々と由来を調べてみましたが、今一つ確定的な説明は見つかりませんでした。その代わり、似たフレーズに遭遇しました。not know beansという表現で、「まったく知らない」という意味です。こちらは19世紀中ごろに登場したものです。beanとは豆のことで、「小さくて価値がないもの」を比ゆ的に表しています。つまり、「そうした小さなことでさえ知らない」というニュアンスから誕生したようです。

ところでonionはカタカナですと「オニオン」と発音しますが、英語では「アニアン」という音に近くなります。学習者向けの「ジーニアス英和辞典」では見出し語の隣に「発音注意」と赤字で示されています。こうした部分をその都度確認しておくのも大切です。

もう一つ、onionskinという語について。こちらは「オニオンスキン紙」という手紙用の薄い紙のことです。玉ねぎからできているわけではなく、薄さを表すためにこのような名前となりました。昔のエアメール用便箋などが代表的ですよね。ちなみに日本で出版されている辞書や聖書、六法全書などは「薄様印刷紙(うすよういんさつし)」という紙を使っています。紙辞書好きな方は英和辞典と英英辞典を触り比べてみると違いがわかります。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END