INTERPRETATION

第127回 「人を助ける」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

give … a leg up 人を助けて困難を乗り切らせる

Since I work as a financial analyst, maybe I can give you a leg upon your bank account.

(金融アナリストとして働いているので、あなたの銀行口座について助けてあげることができるかもしれないですね。)

give … a leg upは略式表現で、「人を助ける、支援する、助けて困難を乗り切らせる」という意味です。語源は、「馬に乗る際、誰かの手のひらの上に足を乗せて持ち上げてもらう」という様子から来ています。もちろん、実際に馬の乗るときにもこの表現を使いますし、馬以外の高いものに乗せてもらうときでも用いることができます。

私は新しい単語やフレーズに出会うと、その語源が気になり調べてみるのですが、今回はleg自体も辞書で引いてみました。もとはインド・ヨーロッパ語族に属する「古ノルド語」から生まれたそうです。legを辞書で引くと色々な意味があり、特に学習者向け英和辞典には違いも説明されていました。たとえばpawであれば「(犬などの)爪のある足」意味しますし、flipperなら「(カメなどの)ひれ状の足」と書かれています。

ちなみに日本語の場合、「脚」と「足」の二つがありますよね。「脚」は「足の付け根から足先まで」を表しますが、「足」は「くるぶしの下から足の裏側全体」を指すのだそうです。英語のlegは「太ももの付け根から足先または足首まで」となります。こうした違いを調べてみるのも楽しいですよね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END