INTERPRETATION

第132回 「動かぬ証拠」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

hard-and-fast evidence 動かぬ証拠

In order to write a good essay, you must use hard-and-fast evidence to support your claim.

(良いレポートを書くためには、動かぬ証拠を用いて自分の主張を裏付けねばなりません。)

hard-and-fast evidenceは「動かぬ証拠」という意味です。この語が誕生したのは19世紀後半で、海洋関連の用語から来ています。船舶がhard-and-fast状態である場合、その船がしっかりと固定されている様子を表します。つまりここで使われているfastは「速い」の意味ではなく、fasten your seat beltのように「留める」の意味から派生しているのですね。

今回この表現をご紹介するにあたり、hardを改めて辞書で引いてみました。中学校で学ぶ単語hardにも色々な意味があることがわかります。しかも私にとってのオドロキは鉛筆の「H」や「HB」がhardおよびhard blackの頭文字であったことでした!今まで何気なく使っていたのにまったく知りませんでしたね。気になったので、鉛筆メーカーのウェブサイトでさらに調べたところ、鉛筆の芯にはHやHB、B以外にFもあると書かれています。Fはfirmの頭文字で、HとHBの中間の濃さおよび硬さを持つのだそうです。

そういえば通訳の勉強をしていたとき、私の恩師が「速記者用ボールペン」が通訳のメモ取りには使いやすいとおっしゃっていました。ボール径が1.0という太字なのですが、インクの出がスムーズなので、どんどんメモをするにはうってつけなのですよね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END