INTERPRETATION

第131回 「よそよそしい態度」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

give the cold shoulder to …  ~によそよそしい態度を見せる

Have I done something wrong? I don’t know why he gave the cold shoulder to me.

(何か悪いことしたのかしら?なぜ彼がよそよそしい態度をとるのかわからないわ。)

今回ご紹介するのはgive the cold shoulder to … (~によそよそしい態度を見せる)です。giveはturnやshowで置き換えることもできます。cold shoulder 自体は話し言葉で「冷たい態度、冷遇、無視」という意味です。語源は19世紀の文学作品とされていますが、具体的にどの作品が最初にこのフレーズを用いたかは定かでありません。日本語では「冷や飯を食う」と言いますので、「冷たい」という意味では共通点がありますよね。なお、「~から冷遇される」はget the cold shoulder from … となります。

ところで英語圏では「わからない」という意味を示すボディランゲージとしてshrug one’s shouldersという表現があります。これは両肩をあげ、手のひらを上に向けて両手を広げる動作です。日本語では「肩をすくめる」と訳します。ほかにもshoulderを用いたフレーズではrub shoulders with …(有名人などと交わる)、a shoulder to cry on (悩みを聞いてくれる人)、put one’s shoulder to the wheel(本腰を入れて仕事などをする)などがあります。

最近私は肩甲骨の痛みによる肩こりがあり、整体院のお世話になっています。「肩がこる」はhave stiff shoulders、「肩甲骨」はshoulder bladeです。「肩甲骨」は医学用語ですとscapulaまたはomoplateと言います。漢字なら部位がわかりますが、英語は難しいですね。その都度暗記です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END