INTERPRETATION

第181回 「ギリギリの生活をする」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

live on the edge(ギリギリの生活をする)

We must not forget about the refugees. The have lost everything and are living on the edge.

(私たちは難民のことを忘れてはいけません。すべてを失ってしまい、ギリギリの生活をしているのです。)

live on the edgeという表現を初めて聞いたのは、車を運転していたとき。私はエンジンをかけると必ずラジオのAFN(米軍放送)をオンにします。シャドーイングをしたり同時通訳をしたりと車内でもあれこれ楽しみつつ勉強に結び付けようと思っているのです。珍しいフレーズが出てきた際には頭の中で記憶し、赤信号で止まった際、大急ぎでメモ用紙に書き出しています。上記の表現もそのようにして書きとったものです。

live on the edgeを辞書で引くと「きわどい人生を送る」「危険と隣り合わせの人生を送る」などの意味が出てきます。edge自体は「刃物の刃、縁、へり」などの他に「危険、瀬戸際」などの語義も存在します。また、動詞としても使うことができ、たとえばedge one’s voiceは「語気を鋭くする」という意味です。

ところで日本語でも「エッジの利いた」という表現がありますよね。この場合のアクセントは「ジ」が強く読まれます。一方、英語のedgeは冒頭のeに強勢が来ます。考えてみればスマートフォンのLINE(ライン)も後半の「イン」が強いですよね。英語と日本語の強勢の違いを調べてみると色々あり、興味深く思います。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END