INTERPRETATION

第180回 「維持する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

hold up (維持する)

One dollar is holding up at 105 Japanese Yen.

(1ドル105円を維持しています。)

放送通訳現場で私が難儀するのが「句動詞」。基本動詞に前置詞などを付けたフレーズです。give in、get along withなどがありますよね。意味を知っていれば問題なく訳せます。けれども語義を知らないと、非常に訳しにくいのです。同時通訳ですので、だんまりを決めてしまっては放送事故になりかねません。文脈から連想して苦し紛れの訳になることもしばしです。

先日AFNを聞いていた際、耳にしたのはhold upという句動詞。今回ご紹介するフレーズです。私は外出中にラジオを聞くことが多いのですが、そこで知った単語で未知のものがあれば、なるべく手元のメモ用紙に書くようにしています。よって、メモ帳とペンはバッグの一番取り出しやすいところに入れています。

さて、このhold upを電子辞書の「成句」機能で調べると、実に多くの語義が出てきました。「支える」「維持する」などがいずれの辞書でも上部に掲げられています。それ以外の意味もたくさんあります。たとえば、hold up a person to derision(人を笑いものにする)、That excuse doesn’t hold up anymore!(その言い訳はもう通用しないんだよ!)、How are you holding up? (調子はどう?)などです。句動詞の勉強は私にとって一生続きます!

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END