INTERPRETATION

第184回 「扱い方がわかる」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

get a handle on … (~の扱い方がわかる)

My daughter got a handle on how to use that complicated software. (うちの娘はあの複雑なソフトの扱い方がわかっていました。)

get a handle on … は「~の扱い方がわかる、~を理解する」という意味の略式表現です。似たような表現ではgive A a handle on B(AにBの操作方法を教える)があります。

handleは「ハンドル、とって」のことですが、口語では「とっかかり」という意味もあります。語源はhandとleが組み合わさったもので、「手で握られるもの」が原義です。ちなみに自動車のハンドルはsteering wheel、自転車のハンドルはhandlebarです。なお、handlebar mustacheは「カイゼルひげ」のこと。口の両端が上がっているひげで、確かに自転車のハンドルに似ていますよね。ダリのひげで有名です。

ところで自転車でもう一つ思い出しました。最近は「電動アシスト自転車」が人気です。英語ではelectric bicyclesやe-bikeと言います。日本では前や後ろに子どもを乗せるのが当たり前ですが、90年代に暮らしていたイギリスで見かけたことはありませんでした。大人も子どももイギリスではヘルメットが義務付けられています。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END