INTERPRETATION

第196回 「大金を使う」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

go to town (大金を使う)
I’ve decided to go to town! I will fly first class. (大金を使うと決めた!ファーストクラスに乗るよ。)

go to townと聞けば「街へ行く」と一瞬思いますよね。口語表現では「大金を使う、派手にやる」などの意味を有します。また、新聞がスキャンダルなどに大きく紙面を割く様子もgo to townで表すことがあります。なかなか多様な意味を持つフレーズです。

ところでtownを「ジーニアス英和辞典(第5版、大修館書店)で引くと、「villageより大きくcityより小さい」とあります。ただし、イギリスでは行政上cityでもtownと呼ぶことが多いそうです。私が以前暮らしていたのはCroydonという市でしたが、中心地のことはTown Centreと呼んでいましたね。

なお、オックスフォードやケンブリッジなどの大学町では「一般市民と大学関係者」をtown and gownと言います。townは町の人々で、gownとは大学関係者が身にまとうガウンのこと。そこからこのような表現が生まれました。韻を踏んでいるのも興味深いですよね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END