INTERPRETATION

第208回 「夢中になる」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

go gaga (夢中になる)

Ever since I was a child, I have gone gaga over maps. (子どものころから私は地図に夢中になっています。)

*******

「夢中になる」を英語でgo gagaと言います。後ろにはたいていoverが付きます。gaga自体はインフォーマルな単語で「のぼせあがった、熱狂した」ということです。語源はフランス語の擬声語。発音記号を電子辞書で調べると「ガガ」ではなく「ガーガー」と伸びる感じです。

そう言えば昨年の秋にはクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしましたよね。そのクイーンの代表曲の一つが「ラジオ・ガガ(Radio Gaga)」。そしてそのクイーンを愛してやまなかったのがレディ・ガガです。自らのステージネームは「ラジオ・ガガ」からとったと公言しています。

ところでgagaのように子音とアルファベットのaを付けた単語はどれぐらいあるのでしょう?気になる方はぜひ辞書で調べてみてください。ちなみにta-taは「バイバイ」、wa-waはカナダ英語で「話、言葉」という意味だそうです。興味深いですね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END