INTERPRETATION

第211回 「重要な分岐点」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

a watershed moment (重要な分岐点)
 The book became a watershed moment in my life. (その本は私の人生にとって重要な分岐点となりました。)

*******

「重要な分岐点」を英語でa watershed momentと言います。watershedは「分水界、分水嶺」という河川の用語ですが、その他にも「転機、分岐点」という意味を持ちます。この語が誕生したのは19世紀初めの頃で、waterとshed(分割、分水界)が組み合わさってできました。

辞書を引くと、イギリス英語の用法として「お休み時間」という語義もあります。「この時間以降は子どもにとってふさわしくない番組がテレビで放映される」というニュアンスが込められている単語です。

他の用法としてはThe treaty marked a watershed in the achievement of children’s rights.(その条約は子どもの人権確立の転機となった)といった使われ方もあります。一方、「損益分岐点」はbreak-even point、「道路の分岐点」はroad forkと言います。「分岐点」でもいくつか表現があることがわかります

ところでforkを英和辞典で引いたところ、「フォークを食卓から落すと女の訪問客があるという迷信がある」(ジーニアス大英和辞典)とありました。初めて知りました!

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END