INTERPRETATION

第21回 「大学1年目で15ポンド太ること」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

freshman fifteen 大学1年目で15ポンド太ること

Since I became a college student,

I ate a lot so I gained “freshman fifteen.”

大学生になってからたくさん食べたので、大学1年目で15ポンドも太ってしまいました。

 今回ご紹介する表現は主にアメリカやカナダで使われるものです。freshmanは大学1年生のこと。fifteenとは体重の15ポンド、つまり約7キロという意味になります。これは新入生が入学後、1年間で食べ過ぎや運動不足に見舞われておよそ7キロも太ってしまう状況を指します。数字はfifteenでも15でも構いません。同様の表現でfreshman tenもあります。

 なぜ急激に太ってしまうか。その理由として考えられるのが、入学後のアルコール摂取、またカフェテリア形式の学食で好きなものだけを食べてしまうという傾向が挙げられます。私自身、ロンドンで大学院生活を送っていたころは、大量の炭水化物やデザートのケーキなどが並ぶ寮の食事に参ってしまったこともありました。

 ちなみにオーストラリアやニュージーランドではfirst year fattiesやfresher fiveと表現するそうです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END