INTERPRETATION

第29回 「事実を明確にする」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

set the record straight 事実を明確にする

Just to set the record straight, we arrived at 10 p.m., not 10 a.m.

念のため事実をはっきりさせておくと、私たちが到着したのは夜の10時で、午前10時ではありません。

 recordは「記録」という意味で、set the recordは「記録を更新する」です。たとえばスポーツ選手が記録を塗り替えた時などに使います。これにstraight(まっすぐな)を入れてset the record straightにすると「事実を明確にする、はっきりさせる」となります。相手の誤解を解くときに使われる表現です。この表現が生まれたのは1900年代前半とされています。

 なお、日本語で「白黒つける」という言い方があります。これは英語でも似た表現があり、think in black-and-white terms(白か黒かの観点から考える)というフレーズが存在します。こちらは17世紀初頭に誕生した表現です。

 最近のオンライン英英辞典には、その単語がいつごろ生まれたかも表記されています。たとえばdictionary.comというサイトでは語義の最後にoriginという見出しがあり、各単語やフレーズの語源および由来が出ています。英和辞典だけでなく、英英辞典も引いてみると発見があるのですよね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END