INTERPRETATION

第39回 「後回しにする」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

pigeonhole 後回しにする

Don’t pigeonhole the invitation just because you are not interested in the group.

そのグループに興味がないからといって、招待を後回しにしてはいけませんよ。

  pigeonholeは「ハト小屋」という名詞ですが、今回ご紹介するのは動詞としての使われ方です。「後回しにする、握りつぶす、棚上げにする」という意味や「(書類を)書類棚に入れる」「(人や物を)~として分類する」という意味もあります。また、アメリカの議会ではto pigeonhole a legislationといった場合、「審議を延期して後回しにする」という状況を表します。

「ハト」はpigeonの他にdoveという単語があります。通常pigeonは飼いバト、doveは小型の野生バトと定義づけられます。平和の象徴としてのハトはthe dove of peace であり、the pigeon of peaceとは言いません(pの頭韻がリズム的に良さそうだと私には思えてしまうのですが)。一方、アメリカでは略式表現でpigeonを使った場合、「騙されやすい人」というネガティブな意味があります。

pigeonを使った表現は他にもpigeon-hearted(気の弱い、怖がりな)、pigeon-toed(内またの)、stool pigeon(スパイ)などがあります。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END