INTERPRETATION

第40回 「景気回復の兆し」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

green shoots 景気回復の兆し

Since the economy is showing green shoots, our profit grew by 5 percent.

景気回復の兆しが見られているため、わが社の利益は5パーセント増加しました。

green shootsは「景気回復の兆し」という意味です。もとは植物の「芽吹き」を指しますが、経済などの世界では比ゆ的に使われているのです。たとえば芝生が火事で焼けたとします。最初のうちは黒こげですが、しばらくすると新しい芽が出てきますよね。そのような状況から生まれた表現です。「景気回復の兆し」は他にもa sign of an economic upturnと言い換えることができます。

green shootsが最初に使われたのは、1991年、イギリスのラモント財務相の発言においてでした。後にアメリカでも当時のバーナンキFRB議長が用いたことから、この言い回しが広まりました。

ところでgreenは「緑」という意味で、英語では交通信号機もgreen lightです。日本では「青信号」ですよね。ちょっとした文化の違いを英単語から感じるのも楽しいものです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END