INTERPRETATION

第232回 「特定の人たちだけがわかる」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

dog-whistle (特定の人たちだけがわかる)
I want to be honest with my team rather than using dog-whistle tactics.  (私はチームに対して正直でありたいですね、特定の人たちだけがわかる戦術を使うよりも。)

******

「特定の人たちだけがわかる」は英語でdog-whistleと言います。dog-whistle自体は「犬笛」です。これは人間の耳には聞こえないものの、犬には聞こえる高周波音を出せる笛のことです。狩猟の際、猟犬を呼び戻すときなどに使われます。

私が初めてこの表現に出会ったのは、CNNの放送通訳現場でした。「トランプ大統領が特定の人たちだけにわかる話し方をしている」という文脈で使われていたのですね。ちなみにdog-whistle politicsは「犬笛的修辞法」のことで、これは自分の支持基盤なら理解できるような話し方をする方法のことです。

ところでスキーで有名なカナダのブリティッシュ・コロンビア州にWhistlerという街があります。19世紀後半にイギリスの海軍が測量を行った際、あまりにも霧が濃く、雲が垂れ込めていたことから、London Mountainと名付けていたそうです。Whistlerという地名が付いたのはその後でした。ちなみに私は社会人になりたての頃、スキーに凝っていたことがあり、ウィスラーにも行きました。が、頂上は極寒!早く暖を取りたくて、ほとんど直滑降(?)で滑り降りてきたことを覚えています。懐かしい思い出です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END