INTERPRETATION

第231回 「非常に目立つ」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

jump out at (非常に目立つ) 
What jumped out at you from the President’s interview? (大統領のインタビューでは何が非常に目立ちましたか?)

******

「非常に目立つ」は英語でjump out atと言います。別の表現を使うと、highly noticeableなどがありますよね。

ところで「跳ぶ」は英語でいくつかあります。jumpは「足で跳ぶ」という意味ですが、leapの場合、「跳んで移動する」となります。ちなみに遊びの「馬跳び」はleapfrogです。一方、springはバネのあることを強調する際に使います。よって、spring from the bed(ベッドから跳ね起きる)という具合で用いられるのですね。

ちなみに日本の同時通訳界の草分けであられたのが、アポロ11号の月面着陸をNHKで通訳された故・西山千先生です。アームストロング船長の”That’s one small step for (a) man, one giant leap for mankind”という有名なセリフを、「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとって偉大な飛躍である」と訳されています。なお、英文の不定冠詞(a)の有無については、諸説あるようです。

私は晩年の西山先生の同時通訳を拝聴する機会に恵まれました。実に美しい日本語と英語で間(ま)の取り方も絶妙でした。今でも私の理想です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END