INTERPRETATION

第58回 「関係修復」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

fence-mending 関係修復

The government has sent an envoy on a fence-mending visit to the neighbouring country.

政府は、関係修復の訪問として、隣国に特使を送りました。

 今回ご紹介するのはfence-mendingという言葉です。名詞では「関係修復」ですが、上記例文のように形容詞としても使われます。

 この表現が誕生したのは1940年代のアメリカです。当時は第二次世界大戦がありましたので、平和を求める気持ちが生じ、こうしたフレーズが出てきたのかもしれません。

 もともとこの表現はmend (one’s) fencesから派生したものです。mend fencesは文字通り、「家の垣根を修理する」という意味ですよね。そこから「一度損なわれた関係を修復する」という意味へ発展しました。アメリカでは「(国会議員が)自分の地盤のてこ入れをする」という状況も表します。

 20世紀のアメリカの詩人ロバート・フロスト(Robert Frost)は、Good fences make good neighbors.(垣根がしっかりしていれば隣人とうまくやれる)と記しています。一つの表現の背後にこうした歴史や文学を見つけ出して味わうのも、英語学習のだいご味です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END