INTERPRETATION

第57回 「内情に通じて」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

in the know 内情に通じて

The presenter talked to those in the know to analyse the political situation in that country.

プレゼンターは、その国の政治状況を分析するため、内情に通じた人物に話をしました。

 in the knowは「内情に通じて」という意味です。knowは中学校で学ぶ動詞ですが、辞書の語義をひたすら眺めてみると、最後に「名詞」としての説明が出てきます。know単体で「(情報を)知っている者」という意味があるのです。たとえばa society of the “knows and know-nots”という表現は「『知れるものと知らざる者』の社会」という状況を指します。

 日本語でも「インサイダー取引」という言葉があるように、「インサイダー」という単語はすでにおなじみです。英語でも「内情に詳しい人、消息筋」はinsiderと言います。一方、「内部告発」はwhistle-blowingです。笛をピーッと鳴らす様子が思い描けますよね。

 ところでknowについてもう一つ。日本語の「あのね」という意味を持つyou knowはよく会話でも使われます。しかし、これは口語表現ですので、頻繁に用いるのはあまり好ましくないとされます。そうした微妙なニュアンスも学習者向け英和辞典には出ています。通訳者は「リーダーズ英和辞典」(研究社)という本格的な辞書を用いていますが、私自身は勉強用に大修館書店の「ジーニアス英和辞典」を愛用中です。ニュアンスや文法説明など、豊富に出ていますので重宝しています。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END