INTERPRETATION

第25回 「明快な呼びかけ」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

clarion call 明快な呼びかけ

S&P downgrade threat is a clarion call for euro reform.

S&Pによる格下げ警告は、ユーロ圏の改革を求める明快な呼びかけです。

 今回ご紹介するのはclarion callという表現です。例文は2011年12月6日のニュースに基づくもので、格付け会社S&Pがユーロ圏の加盟国に対し、格下げを警告したという内容です。格下げをするとのメッセージを発したことで、S&Pはユーロ圏の改革をぜひとも求めるというハッキリとした態度を示したのです。

 clarionはもともと高い音を出す昔のラッパのことで、済んだ明るい音色が特徴的です。単語のclar-は英語の「clear」、-ionは「動作や結果、状態」などを表す名詞語尾です。ちなみに楽器を使った表現は他にもblow one’s own horn(自画自賛する)、play first violin(指導的役割を演ずる)、beat the drums(派手に売り込む)、harp on a string(同じことをくどくど繰り返す)などがあります。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END