INTERPRETATION

第187回 「極めて厳しい」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

draconian(極めて厳しい)

It was a traditional school and they had draconian school rules. (その学校は伝統的で、極めて厳しい校則がありました。)

上記例文に出てくるdraconian school rulesは「極めて厳しい校則」という意味です。draconianは「極めて厳しい、厳格な」という意味の他に、「過酷な、残酷な」という語義もあります。品詞は形容詞で、Dracoという名詞から来ています。Dracoは紀元前7世紀後半、アテネに生きた立法家の「ドラコン」で、英語ではDracoまたはDraconと綴ります。当時、非常に過酷な刑法を導入したことで知られています。

ちなみにDracoは星の名前でもあり、竜座とヘラクレス座の中間にある北天の星座です。星座は人名からとったものが多く、たとえば「アンドロメダ座」はギリシャ神話アンドロメダ王女がモデルです。「カシオペヤ座」は古代エチオピア王の妃・カシオペヤですよね。

ところで「厳格な」は他にもrigorous、severe、strictやcruelなどがあります。新しい英単語に触れるたびに類語辞典で調べる習慣をつけると、語彙力が大幅にアップします。単語の学習というのは、「忘れても構わない」という気持ちで臨んだ方が長続きするというのが私の持論です。私の場合、新しいことばに遭遇すると、ノートにスペルと意味を書きつけます。それでおしまいです。ノートにどんどんたまっていくことで良しとしているのです。ノートが終わるたびに、「勉強頑張った!」という達成感で満たされます。よろしければお試しを。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END