INTERPRETATION

第186回 「全面的否定」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

blanket denial (全面的否定)

Although Don was heavily criticized, he made a blanket denial saying there was no evidence. (ドンは激しく批判されたものの、証拠がないとして彼は全面的に否定しました。)

 

今回ご紹介するblanket denialは「全面的否定」という意味です。blanketは「毛布」「毛布で覆う」という意味の他に、形容詞として「総括的な、一律の」という語義があります。たとえばblanket proposal(一括提案)、blanket rules(一般規則)などがその一例です。「全面否定する」は他にもflatly deny、unequivocally deny、categorically denyなどの表現があります。

 

blanketの語源は14世紀ごろにまでさかのぼります。元はフランス語のblanquet(衣服のための白いウール素材)から来ており、その元となったのはやはりフランス語のblanc(白い)でした。「空白の」という意味の英語のblankも同じくこの言葉から来ています。blankとblanketが元をたどれば同じというのが興味深いですよね。

 

ところで上記の例文にcriticize(批判する)という語があります。これは人やものに対して批判するという一般的な語です。一方、condemnは「道徳的に許すことができない」というニュアンスがあり、日本語では「非難する」です。accuseは法律を破ったことに対して非難すること、blameは人が過ちをしたか否かに関して責任を問う非難を意味します。学習者向け英和辞典にはこうした類語が説明されていますので、一つの単語を機に、ぜひそこから色々と調べてみてくださいね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END