INTERPRETATION

第189回 「とどめを刺すもの」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

the final nail in the coffin (とどめを刺すもの)

We should review the detail carefully. Otherwise, it could be the final nail in the coffin. (詳細を慎重に見直すべきでしょう。さもなければ、とどめを刺すものにもなりうるのですから。)

「命取りになるもの、とどめを刺すもの」を英語ではthe final nail in the coffinと言います。coffinは「棺」、nailは「くぎ」です。「棺の蓋に打ち込む最後のくぎ」というのが文字通りの訳となります。残された一本を打つことで、いよいよおしまいという意味になるわけです。なお、coffinは「納棺する」と動詞でも用いることができます。

死や棺など、一見タブーに思われる単語ですが、英語では意外と慣用句になっています。たとえばbe death on … は「薬などが病気によく効く」「名人である」という意味ですし、dead and buriedは「議論などが決着をみた」ということです。drop-deadは「人目を惹くほど、派手に」ということで、たとえばdrop-dead beautifulは「惚れ惚れするほど美しい」です。1999年には”Drop Dead Gorgeous”という映画が公開されました。邦題は「わたしが美しくなった100の秘密」です。

ところで放送通訳現場では著名な方の訃報が入ってくることもあります。coffinもよく出てくる単語です。ただ、私にとって「棺(ひつぎ)」は実のところ言いづらい単語です。「羊(ひつじ)」と音が非常に似ているからなのですね。いつも以上に緊張します。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END