INTERPRETATION

第44回 「食事をする」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

break bread 食事をする

Three years have passed since we broke bread at the local restaurant.

私たちが地元のレストランで食事をしてから3年がたちました。

今回ご紹介するのはbreak breadという表現です。これは「食事をする」という意味で、上記の例文はThree years have passed since we dined at the local restaurant.と言い換えることもできます。

一節によると、break breadは聖書からの引用のようです。たとえば「使途言行録20:7」には「週の初めの日、わたしたちがパンを割くために集まっていると」という文章が出てきます。食事をする、パンを分かち合うという意味合いが込められています。また、キリスト教の聖餐式でパンをちぎって配ることもbreak breadと言います。

ところで「パン」にも色々な英語があります。breadは食パンですが、小型パンはroll、フランスパンはFrench loafです。一方、丸パンはbunと言います。パンの耳はcrust、黒パンはbrown breadです。なお、black breadはライ麦の黒パンを指します。こうしてついでに色々と同時に覚えておくと、単語力もグンと向上します。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END