INTERPRETATION

第63回 「手元にある」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

at one’s fingertips  手元にある

I’m afraid I don’t have the latest figure at my fingertips. I’ll get back to you as soon as possible.

あいにく最新の数値が手元にありません。のちほど早急にご連絡いたします。

 at one’s fingertipsとは「手元にある、すぐ手に入る」という意味です。fingertipは「指先」を指しますが、at one’sを付けた場合は複数形のfingertipsと変化します。

 fingertipsを用いた表現は他にもあります。たとえばShe was a politician to her fingertips.は「彼女は根っからの政治家であった」という意味です。また、We were clinging on by our fingertips trying to stop them scoring another point. は「彼らがもう一点入れるのを阻もうと、私たちは切り抜ける努力をしていた」となります。

 ところで日本語では「手先」「足先」という単語がありますが、「指先」のfingertipのように直接そのものを指す語がないようです。「足先」はそのままfoot、「手先」はhandを用います。なお、日本語では「~の手先になる」「口先が達者だ」という具合に、本来の意味とは異なる表現もありますよね。ちなみに「~の手先になる」はact as an agent、「口先がうまい」have an oily tongueと言います。

 一つの英単語をきっかけに、ぜひ日本語の他の表現にも思いを馳せてみて下さい。そこから「調べるおもしろさ」を体感していけると、英語学習はより一層楽しくなってきます。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END