INTERPRETATION

第67回 「耐えがたい」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

hard to stomach 耐えがたい

The fiscal policy by the government is so complicated. For me, it is hard to stomach.

政府による財務政策はあまりにも複雑です。私には耐えがたいですね

 stomachは「胃、腹部」という意味ですが、様々な熟語があります。今回ご紹介するhard to stomachは「耐えがたい、我慢するのが大変だ」という意味です。また、「胃袋で受け付けられない」、つまり「食べられない」という語義もあります。

 他にもHe makes my stomach turn over.(彼を見るとむかつく)や、I don’t have the stomach to accept that.(それを受け入れたくはない)など、比較的ネガティブな文脈で使われることが多いようです。

 さて、stomachは幼児語ではtummyと言います。一方、bellyも腹部を指しますが、stomachに比べて略式表現です。bellyは「大食い」を象徴しており、たとえば「ビール腹」はbeer bellyと言います。

 日本語同様、英語にも体の部位を使った表現がたくさん存在します。「eyeを使った表現はあるかな?」「earはどうだろう?」という具合に、こうしたフレーズをきっかけにぜひみなさんもご自分で辞書を引き、ことばの世界を楽しんでくださいね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END