INTERPRETATION

第238回 「長い間、いつまでも」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

till the cows come home (長い間、いつまでも)
You can talk till the cows come home, but I’m afraid I have already made up my mind.
いつまでも話していても良いけれど、残念ながら私はもう気持ちを固めたからね。)

******

2020年も間もなく終わりますね。そこで今回は来年の干支である丑、すなわちcowを使った表現をご紹介します。till the cows come homeは「長い間、いつまでも」と言う意味です。tillの代わりにuntilを使うこともできます。どちらかというと、くだけた表現です。

このフレーズの成り立ちは、まさに牛の習性を反映させたものです。牛は放っておくといつまでたっても帰ってきません。つまり、延々と待たざるを得ない状況を表しているのですね。ちなみにcowを使った他の表現ではhave a cow(非常に取り乱す、いらだつ)などがあります。

ところで十二支に出てくる「丑」は十二支の2番目に来ますよね。漢字辞典で調べたところ、方位では北北東、時刻では午前2時を指すのだそうです。「草木も眠る丑三つ時(くさきもねむるうしみつどき)」は、「夜も更けてすべてが寝静まっている」という様子を表します。

さて、2020年も残りわずかとなりました。今年も本コラムをお読みくださりありがとうございました。みなさまにとりまして2021年が幸せに満ちたものとなりますように。来年ば1月8日金曜日にアップの予定です。どうぞ良いお年を!!

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END