INTERPRETATION

第113回  「迅速に」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

in short order 迅速に

We have to be ready in short order.Otherwise, we will miss the train.

迅速に準備しないと。さもないと電車に乗り損ねますよ

 CNNの放送通訳をしていると、毎回さまざまな表現に出会います。私は自分の出番中あるいは控室で準備中に新しいフレーズに遭遇するとできる限りメモを取るよう心掛けています。知らなかったことを新たに知るというのは英語学習のみならず、すべての学びにおける喜びだと思います。

 さて、今回ご紹介するin short orderもCNNに出てきたものです。意味は「迅速に」で、quicklyやwithout delayと言い換えることもできます。辞書でorderを引くと一般的な語義がまずは紹介されており、このような句動詞、つまり前置詞と単語の組み合わせからなるフレーズは見出しの後半に登場します。orderを使った句動詞は実にたくさんあり、それらを眺めているだけでもorderの持つ多様性を改めて感じることができます。

 ちなみにorderの語源を調べたところ、「聖職者の階級」と出ていました。そこから派生して「順序」という意味になったのだそうです。私は大修館書店「ジーニアス英和辞典第5版」を使っているのですが、例文を眺めていると興味深いものもありました。たとえばa genius on the order of Einstein (アインシュタイン級の天才)やThe meeting will please come to order. (ご静粛に願います)、An apology is certainly in order.(当然謝罪が必要だ)などです。既知の単語からも改めて学べることがあります。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END