INTERPRETATION

第114回  「大勢の」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

an army of … 大勢の

In order to deal with the situation, we need an army of helpers.

状況に対応するため、大勢の助っ人が必要ですね。

 an army of … は「大勢の」という意味です。a lot of と同じ意味になります。army の語源はarm(武装した)とy(集団)で、army 字体は「軍隊」のことですよね。ただし、「陸・海・空軍」という観点から見た場合、armyは「陸軍」のことになります。ちなみに海軍はnavy、空軍はair forceです。

 今回an army of … というフレーズに出会ったのも放送通訳現場でした。こうした単語が出てくると、つい「ではnavyやair forceを使った表現は?」と気になります。表現力増強に大切なのは、こうした小さな疑問を解消すること。早速調べたところ、それほど珍しい意味を持つフレーズはなかったのですが、navy beanという単語に惹かれました。こちらは「白インゲンマメ」だそうです。注釈を読むと、「昔米海軍の貯蔵食料だったことから」とあります。そういえば日本には「海軍カレー」というものがありますが、こうして何かの由来がきっかけで単語が生まれることがあるのですよね。

 ところで「非難の嵐」は英語でa barrage of criticismと言います。barrageは「集中砲撃」という意味です。今回のコラム執筆を機会に軍事用語を使った表現をいろいろと調べたくなりました。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END