INTERPRETATION

第173回 「エビで鯛を釣る」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

a sprat to catch a mackerel エビで鯛を釣る

The store is offering a huge discount. This is a sprat to catch a mackerel.

(お店は大幅な割引をしています。これはエビで鯛を釣るためなのですね。)

「エビで鯛を釣る」は英語でa sprat to catch a mackerelと言います。日本語ではエビと鯛が出てきますが、英語ではmackerel(サバ)とsprat(スプラットイワシ)を使います。スプラットイワシはニシンの一種です。日本語も英語も魚介類が出てくるのが興味深いですよね。大きなリターンを期待するというニュアンスがいずれの言語でも表れています。

さて、放送通訳の現場では、こうした熟語が頻繁に出てきます。先日もロシアゲート関連のニュースでred herring(おとり、気をそらすもの)という表現がヘッドホンから聞こえてきました。以前このコラムでもご紹介したフレーズです。ところが肝心の私自身が訳を度忘れしてしまったので、内心焦りました!同時通訳では文脈に応じて訳すしかありません。沈黙してしまえば放送事故になってしまうからです。とりあえずその日は無難な表現で切り抜けましたが、まだまだ勉強不足を痛感します。

ところでサバは漢字で「鯖」。つくりの部分は「靑」という旧字を本来は使います。「鯖を読む」はfudge the figuresと英語で言います。fudgeはキャンディーの一種だけでなく、「ごまかす、ずるをする」という意味もあるのですね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END