INTERPRETATION

第258回 「ご都合主義者」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

Vicar of Bray (ご都合主義者)
If you do not want to lose credibility, don’t change your opinions like a Vicar of Bray. (信用を失いたくないのなら、ご都合主義者のように意見を変えてはいけないよ。)

******

今回ご紹介するのは「ご都合主義者、風見鶏、情勢に応じて主義主張を変える人」を意味するVicar of Brayです。vicarは「牧師」、Brayはイギリス南部Berkshire(バークシャー)州に実在するBray(ブレイ)村です。このフレーズには歴史的背景があります。16世紀のヘンリー8世の頃、イギリスでは宗教が変わりました。それに合わせてブレイ村の牧師も王に合わせて新教や旧教にコロコロと変えたのですね。その様子は18世紀にイングランドの俗謡となり、このような意味が生まれたのでした。動画サイトでも聴くことができます:
https://www.youtube.com/watch?v=bdJkdQgcSJo

ところでvicarと聞いて私が思い出すのは、BBCのコメディ”The Vicar of Dibley”です。90年代後半から放映されたもので、ドーン・フレンチが教区司祭を演じています。教会=神聖なのかと思いきや、ドタバタだらけでとにかく面白い!日本でもぜひ放映してほしいです。
https://www.youtube.com/watch?v=7pqMFd0AnnA

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END