HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第144回 どこも暑い今年の夏の必須表現

皆さん、こんにちは。毎日お天気のニュースが日本のメディアからも欧州のメディアからも流れています。先週出張していたポルトガルでは最高気温47℃で過去最高! 今週滞在してるドイツも40℃近くまで上がるよう。イギリスも30℃を超える日が続いています。「もう天気のニュースにはうんざり」と思う一方で、話題になることも多いので今週のトピックとします。

まず、「猛暑」。英語では何て言うでしょう?
日本語では日中の最高気温が35℃以上の日を「猛暑日」と言いますが、英語圏(少なくともイギリス)ではそのような定義にあたる用語はなく、特別暑い日をan uncomfortably hot dayやan unbearably hot dayのように形容詞hotを使った表現を使ったり、extreme heat、intense heatのように名詞heatを使ったりします。boiling(沸騰する)やbaking(オーブンで焼く)も「すごく暑い」の意味で使われます。
「猛暑ニュース」でよく見聞きする英単語はheatwave。「熱波」と訳されることが多いけど「猛暑」の意味で使われることも多いように思います。
「欧州、再び猛暑」→Europe bakes in another heatwave.
「蒸し暑い」という意のmuggyも必須用語。「日本に比べると爽やかな暑さだな」と思う日でもイギリス人はtoo muggyというので体感は人によってかなり差があるようですね。

「最高記録更新」は英語で何と言うでしょう?
今週末の猛暑ニュースではthe all-time temperature record could be brokenとか、We will break the European temperature recordと報道されていました。
"break a record"で「記録を更新する」
覚えておくと、ビジネス会議やスポーツ系の通訳でも使えそうですね。「更新」といってもこの文脈ではrenewは使われないので気を付けましょう。

「日焼け」は英語で何と言うでしょう?
日本で英語の勉強をしていたころにsunburnと学んだ記憶がありますが、sunburnだと赤くなった軽いやけど状態を指し、ほめ言葉にはならないので要注意です。しかも西洋ではsun burnと皮膚がん(skin cancer)を関連づけることが多いので、気軽に「ちょっと焼けちゃったね」の感覚だと "You've caught the sun" がよいのではないかと思います。
ほめ言葉で「(小麦色の)日焼け」という意味ならtan(suntan)を使います。「こんがり焼けたね」だとYou look tanned! イギリスではtannedですが、米語ではtanだけでYou look tan!とも言うらしいです。
You got a great tan! だと「小麦色にきれいに焼けてて素敵!」の意。

ところでイギリス人はtannedに見えるよう涙ぐましい努力をします。日本では「どの美白コスメがいい?」なんて話題になると思いますが、イギリス人ママとのおしゃべりで "Which (fake) tan cream is the best?"が話題になったときはすっかり取り残されました! 男性も女性も夏になるとなるべく肌を出して少しでも焼きたいと思うようです。

ちなみに「日焼け止めクリーム」はsun creamやsun block。「日焼け止め対策」はsun protection。"Protect your skin from the sun"とも。

冷房装置という意味での「クーラー」が和製英語ということはご存知の人も多いかと思います。正しくはair conditioning (unit)やair conditionerですが、日常会話ではair conと言います。冷たい飲み物などを持ち運ぶときに使う「クーラーボックス」は英語でもcooler box。

イギリスでは暖房施設は整っていますが、冷房施設がない建物も多く、我が家には扇風機すらもありません。湿度が低めとはいえ、30℃を超えるとつらいです。

そしてこんなときに食べたいのが「ソフトクリーム」! これも和製英語で定訳がありません。イギリスでは単にice creamとも言われますが、ブランド名Mr Whippyが普通名詞のように使われ、99 Flakeが人気です。アメリカではsoft serveというそうです。

以上、今月の日常英会話や会議でのsmall talk(雑談)で役立つ表現を取り上げました! 涼しい日が待ち遠しいです。

2018年8月6日


【短期集中夏季講座のご紹介】

今月下旬から数週間一時帰国を予定しているのですが、9月1日にディプロマット・アカデミーで1日レッスンを担当します。
詳細はこちらから。https://www.diplomatt.academy/summercourse
ふだん本コラムをお読みの皆様に東京でお会いできれば幸いです!


第143回 あなたはFOMO派? それともJOMO派?

こんにちは。7月も終わりとなりましたね。今月は日本や欧州だけでなく世界的に異常気象が続いたようですが、読者の皆様がご無事であることを願っております。ふだんはどんより空や雨が多いことで知られるイギリスですが、今年の夏は快晴続き。最初はみな喜んでいましたが、1カ月以上続くと芝が枯れ始め、農作物や家畜に影響が出て、暑さも増して耐えがたくなりました。幸い、この週末はやっと雨が降って一段落のようです。

ところで、皆さんはどのくらいSNSをお使いになりますか? FOMO(「フォゥモゥ」と発音)やJOMO(「ジョゥモゥ」と発音)というSNSの利用増加と共に使われ始めた言葉はご存知でしょうか。今回は、この二つの言葉を解説します。

まずFOMOはFear of Missing Outの略で21世紀に入ってから使われ始めたようです。直訳すると「見逃す/取り残されることへの恐れ」ですが、「自分が知らない間に何か楽しいことがあったのでは?」「何か重大なニュースを見逃したのでは?」などと気になって、SNSに依存してしまうことを指します。友達や家族と食事をしている最中もついついスマホに手が伸びてSNSをチェックしてしまう現象も含まれます。

ただSNSの世界だけでなく、実生活においてもFOMO(取り残されることへの恐れ)から社会人が出る必要のない会議に出席したり、peer pressure(周囲がやっているから自分もやらないと...と感じるプレッシャー)で密かに借金をしてでもイベントに参加したり、要らないものを購入したり、高額の旅行に行ったりする人が増えているようです。後者の現象はFOMO spendingとしても知られています(参考記事)。Keep up with Joneses(Jonesはアメリカで一般的な姓。「隣人と張り合う/世間に後れを取らない」などの意)という表現が以前から定着している通り、peer pressureによる行動は日本でも西洋でも昔からありますが、SNSによってその度合いが増していると言えるでしょう。FOMOのためにうつ病になったり、借金が増えたり、実生活での人間関係にひびが入ったりなどの問題が起きているようです。

そしてFOMOにうんざりした人が逆の行動を取るようになりました。それがJOMO、Joy of Missing Outです。urban dictionaryでは、You're enjoying what you're doing in the here and now and not on social media broadcasting or seeing what everybody else is doingと定義されています。SNSの世界から離れ、今この瞬間に集中するmindfulnessの考え方と似ていますね。

皆さんは、FOMOを感じますか。それともJOMOを満喫されていますか? 私はFacebook、Twitter、LinkedInなどのSNSを使っていますが、「時間を忘れてついつい...」ってことはないように気を付けています。SNSを通じて、たくさんのいい出会いもあり、別に今のところ嫌な思いもほとんどないので(touch wood)適宜使っていくつもりです。海外暮らしでも日本の人たちとつながっていられるのは大きな魅力です。ただJOMOというかMindfulnessも大切にしています。

ところで先日、メディア業界の特定の分野において第一人者と言われる方の通訳をしました。一見ふつうっぽく見える気さくな方ですが、仕事となると非常にこだわりがあり、周囲の意見はまったく気にしないGoing My Wayタイプ。やっぱり人の目を気にしていてはトップにはなれないんだなあ、と実感しました。SNSはうまく使って、FOMO で苦しむことのないように気を付けましょう!

2018年7月30日

第142回 Brexit Update: Chequers planとは?

皆さん、こんにちは。本コラムをお休みしていた1カ月の間にBrexit関連でかなりの動きがありましたのでお伝えします。

イギリスのEU離脱が国民投票で決定してから早くも2年が過ぎました。けれどもこれまでEUを離脱した前例がないということもあり、「EU離脱」そのものが何を指すのかが不透明なまま月日が流れています。これまで何度か取り上げている通り、EU離脱派が約束した内容(モノやカネの動きは自由なままでヒトの動きの自由は制限する。EUの規制には従わない)は、EUに受け入れられないため交渉が滞った状態が続いています。政府内でも強硬派と穏健派に意見が分かれていることや、第138回で取り上げたアイルランドの国境問題により解決がより複雑化しています。

そこで、今月上旬(7月6日)に英メイ首相は閣議を開き政府案を一つにまとめました。これまでよりも穏健な内容で閣僚の合意を得た後、メイ首相は同案を政府が一枚岩となって支持するよう呼びかけ、公に批判する大臣は辞職するよう示唆したとのこと(参考記事)。

早速、週明けにはデービッド・デービスEU離脱担当相に続いて、ボリス・ジョンソン外相が辞任しました。二人とも単一市場、関税同盟、欧州司法裁判所の管轄権からの完全離脱(Clean Brexit)を唱える強硬派。大物閣僚の辞任が大きなニュースとなりました。

本件で出てくるキーワードをいくつか紹介します。

1.Chequers plan(チェッカーズ案): Chequersというのは首相の別邸のこと。ここで開催された閣議で合意された案なのでこのように呼ばれています。EU離脱後も「モノ」に関しては単一市場に残り、EUの規制に従う方針。

2.polish a turd(クソを磨く): 某大統領のスピーチで出てきそうな表現ですが、発言者は辞任した前ジョンソン外相。同大統領はジョンソン氏のことを「I think he would be a great Prime Minister. I think he's got what it takes(首相になるべく資質を備えている)」と称賛しただけあって語感も合うのでしょう。このイディオムは「turd(糞、クソ)のようなものはどんなに磨いてもよくならない。時間の無駄だ」という意味です。ジョンソン氏は、チェッカーズ案を支持することはpolishing a turdのようなものだという捨て台詞を吐いて辞任しました。

3.no deal(合意なし):Brexitの話題でno dealと出てきたら「交渉が妥結することなくEUを離脱すること」を意味します。昨年1月のスピーチ(第78回参照)でメイ首相が "No deal is better than a bad deal(EUに屈するような悪条件を呑むくらいなら合意できないまま強行的に離脱するほうがまし)" と発言したために「合意内容によっては本当にdealがないまま離脱したほうがいいのか」「No dealで離脱なんて本当にありえるのか」などがよく議論されます。

先週は、ラーブ新EU離脱担当相が就任後初めてブリュッセルに出向き、EUとの交渉を引き継ぎました。正式離脱は来年3月ですが、交渉の実質期限は10月と言われています。これからの数カ月で急に話がまとまるのかどうかに注目です。
以上、Brexit Updateをお伝えしました。

日本も欧州も暑い日々が続いていますが、皆さまどうぞ体調を崩されないようお気を付けください。

2018年7月23日

第141回 イギリス英語とアメリカ英語、どう違う?

先週末、イギリスの翻訳通訳協会が開催するOne day in ... Gray's Innというイベントに行ってきました。由緒ある英国らしい素敵な建物で講演や夕食会があり、美しい庭園ではランチやドリンクを頂きながら他の通訳者や翻訳者とのネットワーキングを楽しみました。

この日の講演で一番印象に残ったのは、Lynne Murphy(『The Prodigal Tongue』の著者)さんがアメリカ英語とイギリス英語の関係について話されていたことです。私は渡英して20年になりましたが、元々は日本の中高でアメリカ英語を学び、大学は「英米語学科」を卒業(在学中に1年間アメリカ留学)、そのあと英語講師になりましたが、教材はすべてアメリカ英語。一生懸命真似して覚えたアメリカ英語を話していたので、渡英前はイギリス人にアメリカなまりでいじめられる夢も見たくらいです。ですから、アメリカ英語は私にとって関西弁のような懐かしさがあります。

イギリス人とアメリカ人は他の国(ドイツ人やフランス人)に比べると、お互いに好意を抱いているようですが、「共通言語」の「英語」に関しての感情はとても複雑です。『The Prodigal Tongue』の表紙もアメリカとイギリスではこのように(参照ページ)絵が異なるだけでなく、サブタイトルがアメリカ版では、the love-hate relationship between American and British Englishですが、イギリス版ではthe love-hate relationship between British and American Englishと語順が異なります。

イギリスでは "Americans have ruined the English language(アメリカ人が英語を台無しにした)"とか、"British children turn to American English(イギリスの子供、アメリカ英語に走る)"などが見出しになるようにアメリカ英語化を嘆く人が多くいます(turn toは、turn to alcohol/drugsのように「(悪に)走る」のニュアンス)。特に年配の人たちは、自分たちの英語を格上と見なしアメリカ英語を見下す傾向があります。

アメリカ英語とイギリス英語は、発音や単語の違いだけでなく、表現の仕方が微妙に違ったり、同じ言葉でもニュアンスが違ったりするのでややこしいこともよくあります。

例えば、「エレベーター」のことを米語ではelevatorだけど英国ではlift、「歩道」はsidewalk(米)、pavement(英)などという単語の違いや、labor(米)とlabour(英)、recognize(米)/recognise(英)のようなスペルの違いはよく知られていると思います。

ニュアンスの違いではquiteがアメリカ英語では「とても」とほめ言葉に使われるのに対し、イギリスでは「まあまあ」になるので要注意です。例:quite goodは「とても良かった(米)」「まあまあだったね(英)」

今回の講演で初めて知ったのは、pleaseの用法の違いです。イギリスではレストランで注文するときCan/May I have a XXX pleaseのようにpleaseを付けないと失礼な客だと思われますが、アメリカでは「pleaseをわざわざ言わなくてもちゃんとやってあげますよ」という暗黙の認識があり、付けると返って失礼に聞こえるとか?! 逆にイギリスでCan I get a coffee?  のようにpleaseを付けないことに加え、haveの代わりにgetで注文するとイギリス人店員をイラっとさせるそうです。

「グローバル化が進む今日、アメリカ英語とイギリス英語も収れんしているのか?」というトピックも興味深かったです。皆さんは、どう思われますか。

ワープロのスペルチェック機能が開発されたのはアメリカだったため、元々はスペルチェック機能というのはアメリカ英語しかなかったとのこと。それで、一時期は特にスペルという点ではアメリカ英語に統一されつつあったそうですが、最近ではイギリス英語でスペルチェックができるのでイギリス英語で書かれた文書が増えているそうです。また、新たに生み出される語もアメリカとイギリスでは異なることが多く、格差は広がっているとのことでした。

このようにイギリス在住で「英語」の研究をしているアメリカ人学者の視点はとても興味深いです。The Prodigal Tongueは当日割引価格、著者のサイン入りで販売していたので購入しました! まだ読みかけですが、また興味深い内容を紹介したいと思います。待てない方はアメリカ版でよろしければ(!)アマゾンジャパンで購入できます。

ところでこの日、2018年度のアワード授賞式も行われました。通訳資格試験部門の最優秀賞(Best Performance on Interpreting Assessment)をいただき、大変光栄に思っております。これからもステップアップを目指してがんばります!

2018年6月25日

第140回 language attritionとは

皆さん、こんにちは。今週は、曇り空のパリからお届けしています。
今回のトピックは、language attrition。ふだん取り上げる時事ニュースとも、役立つ表現とも違いますが、興味深い記事を読んだので紹介します。

その記事の見出しは "Can you lose your first language?" (参照記事)、「第1言語(母語)を失うことはあるのか?」ですが、まさにそれがlanguage attrition(母語喪失)ということになります。

どういう人が母語を忘れやすいかというと、まずは長い間海外に在住する人々(long-term migrants)が挙げられます。私も渡英して20年が経ちましたが、海外に住むと母語をすぐ忘れるということは学生時代に1年留学しただけでも気が付きました。

けれども、この記事によると、母語を喪失するのは海外在住者だけではなく第二外国語を学んでいる人にも起きるとのこと(It's also not just long-term migrants who are affected, but to some extent anyone who picks up a second language)。ということは、本コラムをお読みの皆さまほぼ全員に当てはまるのではないでしょうか(ドキッ?!)

9歳くらいで海外に引っ越すと母語をすっかり忘れるという研究結果もあるようです(Studies on international adoptees have found that even nine-year-olds can almost completely forget their first language when they are removed from their country of birth)。

さすがに大人になってから海外に引っ越すと完全に母語を忘れることはなさそうですが、それでも例外があるようです(in adults, the first language is unlikely to disappear entirely except in extreme circumstances)。例えば、ドイツでナチスによる迫害を受けた後に国外へ移住した人は、それ以前に引っ越した人よりもドイツ語をすっかり忘れる傾向が高かったようです。母語とトラウマの関連が強いと母語を喪失しやすいとのこと。

また次の記述も興味深いです。
Mingling with other native speakers actually can make things worse, since there's little incentive to stick to one language if you know that both will be understood. The result is often a linguistic hybrid.
これは例えば、私がイギリス在住の日本人ママや通訳・翻訳仲間とおしゃべりするときに日本語と英語をごちゃまぜにして話すことで互いの日本語の能力が落ちている、ということです(ドキッ?!)

海外暮らしをする家庭では、母語と居住国の言葉を混ぜて話しがちですが、そうするとどちらか一つ言語だけで通すのが難しくなります(this informal back-and-forth can make it harder for your brain to stay on a single linguistic track when required)。

じゃあどうしたらよいのかと悩んでしまいます。私はもうイギリスにいる日本人のお友達とは話さない方がいいのか、子供との会話はどちらかの言語に絞った方がいいのか......。

けれども、記事の最後の方にはこう書かれています。
Attrition is not a bad thing. It's just a natural process(中略)native language attrition is reversible, at least in adults(母語喪失はそれほど悪いことではなく、自然なプロセスであり、少なくとも成人の場合また取り返すことが可能)(ふぅ!)

a trip home usually helps(帰国するとたいていは母語を取り戻すのに役立つ)とも書かれています。確かに、最近ではPodcastを含めネットを使うと海外からでもかなりの日本語情報が手に入りますが、やはりその国にいるのとは全然違います。私自身は、これまで年に一度くらいは一時帰国してきましたが、もうすぐ子育て一段落なので(涙)今後はもっと日本で過ごす時間を増やしたいと思います。

本コラムをお読みの方は、バイリンガルで子育てをしている方も多いのではないでしょうか。これも親としては悩みの種ですが、私はバイリンガル教育よりも学習能力、コミュニケーションを重要視してきました。またYou can't learn unless you are happy(ハッピーでなければ学べない)を持論としています。ハッピーで学習能力があれば、後からでも言葉は学べるからです。

海外在住組には「日本語じゃないと答えない」というルールを作るママもいますが、それで親子のコミュニケーションが少なくなれば本末転倒。もちろん、ちゃんとバイリンガル教育に成功された方々もたくさんいて、それは素晴らしいと尊敬します。その中には現在会議通訳者として活躍されている方も何人もいます。

今、二人の息子は20歳と17歳。日本語はあまりできませんが、元気にすくすく成長しました。次男はいつか日本で働きたいと言っています。

以上、language attritionとは少しそれてしまいましたが、今回は母語喪失に関する記事を紹介しました。外国語の学習も大切ですが、母語を見直すきっかけとなれば幸いです。

2018年6月18日


2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!