INTERPRETATION

第90回 「搾り取る」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

milk 搾り取る

The group milked him of all his money. He lost his life savings.

そのグループは彼のすべての金を搾り取りました。彼は老後の蓄えを失ったのです。

 milkは中学校で学ぶ単語で、誰もが知っていると言えるでしょう。ただし、今回ご紹介するのは動詞としての用法です。milk A of Bで「AからBを搾り取る」という意味になります。主に金銭や情報などを搾り取る状況を表します。ちなみに日本語でも「搾取」という言葉には「搾る」の「搾」が使われますよね。「搾取」という名詞はexploitationです。

 このmilkという動詞での用法に出会ったのは放送通訳現場でした。キャスターがゲストにインタビューしていた際に出てきたのですが、非常に早口であり、milkingが最初はmoakingとも聞こえたのです。このように未知の単語やフレーズを聞くと、とにかく私はメモするように努めています。今、手元に残っている紙には「moaking? milking?」と殴り書きがしてあります。同時通訳のときは前後の文脈から類推するしかないのですが、業務終了後にじっくりとメモ書きされた単語を調べるのも私にとっては楽しいひとときです。

 ところで「ミルクがあるならバターは?」と疑問に思い早速調べたところ、ありました!butterは動詞で「おべっかを使う」という意味もあるそうです。こうなると他の食材はどうなのか気になってきます。ぜひみなさんもご自分で調べてみてくださいね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END