INTERPRETATION

第3回 断腸の思い

柴原早苗

すぐ使える英語表現

She made a gut-wrenching decision to end her treatment.

彼女は断腸の思いで治療を止める決断を下しました。

 2001年12月7日、アメリカのエドワーズ元上院議員の妻、エリザベスさんががんで亡くなりました。61歳でした。エドワーズ元上院議員は2004年の大統領選挙に立候補。エリザベスさんはその直後に乳がんと診断され、長年にわたり闘病生活を続けていたのでした。転移ゆえに助かる見込みがないと悟ったエリザベスさんは、亡くなる直前に断腸の思いで治療をやめたのだそうです。

 gutとは「消化管、腸、胃」、wrenchは「ねじり、ひねり」のことです。工具の「レンチ、スパナ」もwrenchです。日本語の「断腸の思い」はもともと中国の故事から来た表現で、「子を失って悲しみのあまり死んだ母猿の腸がずたずたになっていた」という話から生まれました。

 一方、上記の英語表現はどちらかというとインフォーマルな言い回しです。heartbreaking decisionの方があらゆる場面で使えるようです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END