INTERPRETATION

第230回 「問題を解決する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

drain the swamp (問題を解決する)
The company was in a serious situation but the staff did not drain the swamp.  (その会社は深刻な状況に直面していましたが、社員は問題を解決しませんでした。)

******

「問題を解決する」は英語でdrain the swampと言います。文字通り訳すと「沼地の排水をする」です。このフレーズが誕生したのは1980年代のこと。マラリアを防ぐために湿地の水を抜くというのが当初の意味でした。しかしその後アメリカでは政治家たちが「問題を解決する」という意味で好んで使うようになったのです。

2016年にトランプ候補が大統領選で勝利を収めた際、氏はこの表現を用いました。「アメリカの政治を抜本的に変える」という意気込みを見せたのです。しかしあれから4年後の今はコロナや人種、貧富の差など、たくさんの課題に直面しています。この11月にどのような大統領選の結果となるのか、要注目です。

ところで日本語に「掻い掘り(かいぼり)」という言葉があります。これは沼や池の水をくみ出して天日に干す作業です。私が住むさいたま市の別所沼では2014年に「かいぼり」作業が行われました。普段は見られない沼の底が見られて、実に興味深い光景でした。なお、最深部まで植物が育っているものを「沼」と呼び、水深が浅いものを「池」、水深が深いものは「湖」と呼ぶのだそうです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END