INTERPRETATION

第248回 「どうにか生きていく」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

keep body and soul together どうにか生きていく
He found it so difficult to keep body and soul together.  (彼はどうにか生きていくだけで精いっぱいでした)。

******

「どうにか生きていく、その日その日をしのいでいる」を英語でkeep body and soul togetherと言います。文字通り訳せば「体と魂を一緒にする」となりますが、慣用句の場合、「どうにか生きていく」「何とか食べている」という意味になるのですね。この世からいなくなってしまうと、魂と肉体は離れてしまいます。それを防ぐためには魂を肉体に付けておかねばなりません。そうした意味から「どうにか生きていく」という語義になりました。

なお、body and soul自体は「肉体と精神」とも訳せます。give body and soul to … は「~に身も心もゆだねる」です。一方、”I love you body and soul”は「心から愛しています」ということです。

ところで「魂」には英語でsoulとspiritの二つがあります。soulは「肉体(body)」に対しての「魂」のことです。一方、spiritは「体を超えた次元において活動する精神」というニュアンスがあります。spiritを使った語ではthe Holy Spirit(聖霊)、an evil spirit (悪霊)などがおなじみですよね。

ちなみにsoulと同じ発音の語と言えば、韓国の首都Seoul(ソウル)がありますよね。「ソウル」は元々「首都、都」という意味があるのだそうです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END