INTERPRETATION

第252回 「慎重に始める」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

dip one’s toe in the water (試しに始める) 
Before becoming an interpreter, I dipped my toe in the water by doing translation work. (通訳者になる前、私は翻訳の仕事を試しに始めてみました。)

******

「物事を本格的に始める前に少し試してみる」という状況を英語でdip one’s toe in the waterと言います。「つま先を水につけることで温度を確認する」という状況から生まれたフレーズです。the waterを省いてdip one’s toe in としても使えます。

なお、toeは「つま先」ですが、オックスフォード新英英辞典を調べたところ、”any of the five digits at the end of the human foot”と書かれていました。digitは0,1,2などの「アラビア数字」や「桁」という意味の他に、「指」という語義もあります。元はラテン語のdigitus(手足の指)から来ているのですね。「デジタル (digital)」の語源もdigitalis(指の)です。なお、カタカナでは「デジタル」と言いますが、英語の発音は「ディジタル」となります。

ところで私は学生の頃、田舎の祖父母宅へ泊りに行ったことがあります。幼い従妹たちは日ごろから祖父母の高温お風呂に慣れており、「ザブーン」と入っていました。しかし私にとっては熱すぎ!まさにつま先を恐る恐る水面につけてからの入浴でした。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END