HOME > 翻訳 > 金融翻訳ポイント講座

金融翻訳ポイント講座

不特定多数の読者が対象となる金融翻訳では、質の高いアウトプットが求められます。 高品質の翻訳を上げるために必要なポイントを丁寧に解説します。

第29回 reverseを使った文章

こんにちは。今回は動詞reverseを使った文章を検討してみましょう。

前回説明した通り、reverseは、それまでの利回りや価格の動き(上昇/低下・下落)が止まり、逆方向に動き始める場合に使われます。訳語としては「戻す」「反転する」など。せっかく「上昇/低下・下落」したのに、今度は「下落・低下/上昇」してしまった、というニュアンスから、「打ち消す」「相殺する」や、逆の意味で「取り戻す」もしばしば使われます。

今月の課題では、この「取り戻す」の例を見ることにしましょう。株式ファンドの運用報告書のうち、Market Review/Overview(「市場概況」「投資環境」等)の文章という前提で訳してください。

【課題】
February was a month of reversion as we saw most of the sharp moves after successive failed attempts by the government reverse in the month of February.
※attempts by the governmentは、例えばtax cut(減税)やinfrastructure spending(インフラ支出)など、pro businessな(企業活動を重視する)内容という前提で考えてください。

まず、as以下にあるmovesはニュートラルな表現で、上昇したのか下落したのか、これだけでは判断できませんが、政府のattemptsが企業活動を重視する、すなわち景気を支援する内容という前提がある以上、それが失敗したのであれば、株価は下落するのが普通です。よって、1月中は政府の何らかの試みが失敗し続けたために、株価が急激に下落したが、2月に入ってそれが逆転した(株価が上昇した)、ということ。

ここまで説明すれば分かると思いますが、sharp movesだからと言って、原文通りに「急激な動きが戻った」とのみすると、上記で行った推測を日本語文の読者にも強いることになります。しかし「日本語表現がおかしいわけでなし、原文通りの訳がダメなんて納得が行かない」。至極もっともな意見ですが、こと金融翻訳では、原文に忠実に訳して意味不明になったり、曖昧な文章となる(結果、読者に読解の努力を強いる日本語となる)より、この程度であれば話の流れをくみ取って、原文にない情報を追加するなどして、より分かりやすい文章とすることが求められます。

実際、この手の表現はしばしば目にします。今回は単に足りない情報を補えば済むケースですが、特にレポートの冒頭部分などの場合、どうしてもひねりまくった文章にしないと気が済まない筆者もいます(失礼)。もっとも原文が素晴らし過ぎて、自分の翻訳力では追い付かず、忸怩たる思いをすることもありますが。

ともあれ、その手の文章を普通に訳しただけでは、文化的背景の違う日本人が読んでもピンと来ない(正直分かりにくい)文章構成・表現になることが多く、そういう場合は補足、大幅な意訳、あるいは意図的な訳し落としをする、などの対処が必要です。

※これまでに何度も言っていますが、原文からどの程度離れるかは、クライアント次第。「原文に忠実」がお好みのクライアントで文芸翻訳ばりの仕事をしても、迷惑になるだけです。その逆もまた(当然ながら)真なり。

ところで、as以下の修飾部分を取り除き、分けて直訳してみると、

February was a month of reversion/we saw the sharp moves reverse in February.
2月は逆転の月であった。/我々は2月に鋭い動きが戻るのを見た。

となり、asの前と後で内容が重複していることが分かります。あえて言うならば、このasは「理由」の意味で、「それまで下落していた株価が2月には戻った、だから2月は逆転の月と言えるなあ」という感じでしょうか。ただasの後が長いので、日本語でも前の方から順に訳した方がいいように思います。そのため表現には一工夫必要です。

successive failed attempts by the governmentも難物ですね。いくら直訳が好みのクライアントでも、「連続して失敗した政府による試み」や「政府による試みの連続的な失敗」は、意味が通じるというだけで、金融翻訳としては20点。もう少し自然な表現を工夫してみましょう。ここは、名詞句から離れることをお勧めします。

さらに言えばFebruary was a month of reversionも、「2月は逆転の月であった」は不可。Februaryだけですでに「月」の意味があるわけですから、「~の月であった」にこだわる必要もありません。筆者が何を言いたかったのかを考え、金融業界らしい表現を使ってみましょう。

【課題】(株式市場に関する文章という前提で訳してください)
February was a month of reversion as we saw most of the sharp moves after successive failed attempts by the government reverse in the month of February.

【試訳】
2月、株式市場は戻り基調に転じました。政府の試みがことごとく失敗に終わったことを受けて、株価は急落しましたが、2月を通じて、それまでの下落分の大半を取り戻す格好となりました。


第28回 機械的に訳すと意味不明!④

こんにちは。「金融翻訳者になるには」シリーズをことのほか長く続けてしまいましたので、今回は久しぶりに翻訳課題に取り組んでみましょう。「機械的に訳すと意味不明」シリーズ第4弾です。

【課題】(米国債に関する文章という前提で読んでください)
The next ①risk events (e.g., Eurozone labour and inflation data) or any ②risk-off headline may ③partially reverse the recent rise in yields.

一つ一つの単語はそれほど難しくありませんが、全体として何が言いたいのかをしっかり考える必要があります。

①risk events (e.g., U.S. labor and inflation data)

risk eventは「リスクとなるかもしれないイベント」のこと。この場合の「イベント」はいわゆる行事や催し物ではなく、経済的な影響があり得る(影響が生じるリスクがある)出来事のことです。金融の文章に馴染みがない人には抵抗があるかもしれませんが、そのまま「イベント」でOK。文脈によっては「材料」や「要因」も可です。

例えば、「来週の外為市場では、日米欧中銀会合や米朝首脳会談など相次ぐ重要イベントが相場に大きな影響を与えそうだ」(Reuters)のように使われます。

U.S. labour and inflation data(米国の雇用統計とインフレ率)が発表され、それが予想外の結果となれば、国債市場にも影響があるため、それを「リスクイベント」と称しているわけです。例えば失業率が予想より低下すれば、それは景気にとってはプラスですので、国債市場にとっては逆にマイナス材料となることがあります。

※市場には、景気が良くなれば、株式は買い/債券は売り、景気が悪くなれば、株式は売り/債券は買い、という経験則があります。株価は下落した末に、最終的に無価値にもなり得ますが、債券は償還まで保有しさえすれば(そして発行企業が破綻さえしなければ)、基本的に決まった額のお金が戻ってくるため、景気が悪く、先行きに不安がある場合は、株式よりも相対的に安全な債券に買いが集まる、という構図です。逆に、株価はどこまでも上昇する可能性がありますが、債券投資から得られるリターンには限りがありますので、景気が良い場合には株式の方が好まれます。ただ、特にリーマンショック以降は、この経験則が崩れてきている感があります。

さて、先程はlabor and inflation dataを「雇用統計とインフレ率」としました。もちろん、原文通り「労働データ」などとしても意味は通じますが、通常は「雇用統計」「雇用(関連)指標」とします。同様に「インフレ・データ」ではなく「インフレ指標」や「インフレ率」です。細かい話ですけれども、こういった点を少しずつ磨くことで、それらしい文章になって行きます。

②risk-off headline

risk-off(リスクオフ)は、「リスクを避け、より安全な資産への投資を行おうとする姿勢や動き」を指します。逆はrisk-on(リスクオン)。

headlineはそもそも「新聞の見出し」ですけれども、金融の文脈では、「新聞の見出しになるような、市場が注目する事柄、材料」を指すことがあります。そのまま「ヘッドライン」とする手もアリですが、いわゆる「総合インフレ率(headline inflation)」も「ヘッドライン・インフレ」と言われることがありますので、特に指定がない限り、使わない方がいいように思います。

③partially reverse the recent rise in yields

「最近の利回りの上昇を部分的に逆さまにする」。つまり、ここしばらく利回りは上昇(国債価格は下落)していたが、今度は逆に低下(国債価格は上昇)する、ということです。さらに、例えばこれまでの上昇幅は3%であったが、反転後の低下幅は3%未満(例えば1.5%)にとどまった、という状況を表わすために、partiallyが使われています。

reverseは、それまでの利回りや価格の動き(上昇/低下・下落)が止まり、逆方向に動き始める場合に使われます。訳語としては「戻す」「反転する」など。せっかく「上昇/低下・下落」したのに、今度は「下落・低下/上昇」してしまった、というニュアンスから、「打ち消す」「相殺する」や、逆の意味で「取り戻す」もしばしば使われます。

partiallyはそのまま「部分的」でもいいですし、「一部」や、場合によっては「ある程度」なども使えます。

全体の流れを見ますと、

The next risk events (e.g., U.S. labour and inflation data) or any risk-off headline may partially reverse the recent rise in yields.

①米国の雇用統計やインフレ指標の発表など、次のリスクイベント
②(内容は何か分からないが)投資家がリスクオフ姿勢をとるきっかけとなり得るような材料・イベント
③最近、利回りは上昇していたが、主語(①と②)によって、それが部分的にしろ逆に動く可能性がある

となります。以上をまとめ、ですます調で訳してみてください。

【試訳】
次のリスクイベント(米国の雇用統計やインフレ率の発表など)や何らかのリスクオフ材料を受けて、最近の利回り上昇分がある程度相殺される可能性があります。

※カッコ内の雇用統計とインフレ率は、明らかに「発表」を含意していますので、入れてみました。「指標の発表」は「リスクイベント」の最たるものである、というのが市場や投資家の共通認識ですので、特に「発表」を入れなくとも、もちろん話は通じます。

※次回はreverseを使った文章をもう一つ検討してみたいと思います。


第27回 金融翻訳者になるには(4)

こんにちは。長々とお話してきました「金融翻訳者になるには」、ようやく最後です。これまでは、「新聞・専門誌などを読む」「資格をとる」などの方法についてお話してきました。今回は「金融翻訳の講座を受ける」についてです。現在、学習段階にある人にとって、最も聞きたいのが「講座」だったかもしれませんね。しかし、驚かれるかもしれませんが、今までのわたしの経験から言って、最もお勧めしないのが実はこれです。

もちろん「まったくの無駄」ではなく、どのような講座でも、受講すればそれなりに意味はあると思います。特に翻訳自体が初めての人や、金融分野にまったく馴染みのない人が、金融翻訳とは全体としてどんな感じの仕事なのか、その一端を知る役には立つかもしれません。ある程度レベルの高い講座も幾つかあるようですし、それらがすべて無駄である、とは言いません。

ただ、これはどんな分野でも同じことなのですが、通信講座にせよ対面の講座にせよ、たとえ1年間みっちり学習したとしても、実際に訳出する原文量は、トッププロの一週間分にも満たない可能性があります。つまり現場の仕事のほんの一部にしか触れられない、ということです。

今回は「金融翻訳」の中でも、
・債券・株式・金利・為替・年金・マクロ経済等の各種レポート
・運用報告書、運用商品説明
・各種リサーチ/レポート
に絞って話をしてきました。しかし「各種」という言葉から分かる通り、上記のような狭義の金融翻訳分野に絞ってさえ、実のところ相当な幅広さがあります。例えば同じ「債券」を扱っていても、機関投資家向けの高度なレポートでは専門知識が試され、某社のCIO(最高投資責任者)が気ままに書き散らした(失礼)散文的な文章では、文芸翻訳に比した力量が求められ、無機質な運用報告書では職人に徹する必要があり、個人投資家向けに内容をかみ砕いたプレゼンでは、キャッチーな文章を書く能力が求められるかもしれません。

債券だけでこれだけ必要なのですから、たかだか一週間分の原文量で金融翻訳のすべてを網羅しようとしても、土台無理な話です。

さらに、これはわたし自身が某通信講座の講師をしていたから分かるのですが、講座の課題というのは、総じて「受講生が訳しやすい」ようにお膳立てされた疑似的なものであって、例えば原文自体が文法的、論理的におかしいとか、長時間の調査が必要だとか、非常にニッチな知識が必要なものだとかは、基本的に出題されません。特に初学者さんの場合、こういった特殊な部分に気をとられ、本筋の翻訳訓練がおろそかになってはいけませんので、これはある意味、当然の措置と言えます。

しかし実際の仕事となれば、原文の文法が間違っていることなどざらにありますし、論理破綻している文章も(残念ながら)散見されます。翻訳・見直しより調査の方に時間がかかることや、自分の知らない金融知識にぶつかり、ざっとでも学習しないと翻訳が進まないことも往々にしてあります。しかし翻訳講座でそういうケースはまずないと言っていいでしょう。

したがって翻訳講座で学べば「きれいで易しい原文を翻訳する力」はつきますが(もちろんそれが大前提ではあるのですが)、「イレギュラーな状況に対応する力」はほとんどつきません。しかし実際の翻訳業務は、野原で野球をするようなもので、むしろイレギュラーの連続、と言っていいように思います。

ではどうすればいいのでしょうか。

その答えは、逆説的ながら「金融翻訳者になること」しかありません。どんなに少量の原稿でも、対価をいただき、誰にも頼れない中で緊張感をもって翻訳をするのと、翻訳講座の「お客様」という(気楽な)立場で翻訳をするのとで、どちらが実力向上につながるか。答えは明らかです。

よって、ある程度の力がついたなと感じたら、ずるずると「学習者」でいることをやめ、思いきってプロの世界に飛び込んでください。石にかじりついても最初の仕事を取り、ボロクソに言われながら、現場で力を磨いてください。最終的に見れば、それが「金融翻訳者になり、その後もずっと金融翻訳者を名乗り続ける」ためのいちばんの近道であると思います。


第26回 金融翻訳者になるには(3)

こんにちは。これまで2回にわたり、「金融翻訳者になり、その後もずっと金融翻訳者を名乗り続ける」ために必要なことをお話してきました。今回は「資格」のうち、証券アナリスト検定についてです。わたし自身がこの資格を取得しましたので、これまでの話より詳しくなります。よって興味ないよ、関係ないよ、という方は、申し訳ありませんが、読み流していただければと思います(笑)。

改めまして、先回は、
1)日本経済新聞や金融業界紙、関連の専門書を読む
2)証券外務員などの資格をとる
3)金融翻訳の講座を受ける
の2)の中から、簿記、ファイナンシャルプランナー(FP)、証券外務員についてざっとお話しました。

証券アナリスト(Chartered Member of the Securities Analysts Association of Japan、略称CMA®)は、日本証券アナリスト協会が認定する資格です。

試験は一次と二次に分かれており、一次の「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」「財務分析」「経済」の三科目すべてに合格すると、二次に進むことができます。

このうち「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」は、証券アナリスト試験のまさに本丸。証券分野のテクニカルな知識をこれでもかと詰め込みます。多くは計算問題で、文系出身者の場合、ここが最大のハードルになるのですが、実際に数字を使っていろいろな問題を解く過程で、証券投資では何が問題となり、どのような理論を背景に投資家は何を目指し、実際にはどのような行動をとるのかといった点が、まさに「体感」できるように思います。

投資関係の英語で頻出するrisk、exposure、volatility、correlation、extra return(alpha)といった何気ない用語も、その背後にある理論が頭にあるとないとでは、原文の読み込みの深さが大きく違ってきます。また実際に金融翻訳者になってから苦しむことの多いデリバティブや金利などの分野も含まれますので(今から考えると、正直、基礎部分だけですが)、いずれ必ず役に立ちます。

「財務」は、実は今回のお話の対象外とさせてくださいとお伝えした「会計・経理・財務」の分野です。しかし当然ながら、株式や債券など企業が発行する証券と、その企業の財務状況とは切っても切り離せませんので、やはり企業財務やその分析方法の全体像がざっとでも頭に入っているのといないのとでは、まったく違います。企業財務を「社外から」すなわち投資家の視点から、いかに分析するかという視点が得られる点も重要です。

最後の「経済」は、ずばり経済理論。これが必要な理由は、くどくどと述べる必要もないでしょう。経済学とはいっても、多くは現実に則した内容を学べるせいか、実際に翻訳業務を進める場面で、役に立つ場面がかなりあります。例えばごく基本的なところで、国内総生産(GDP)の構成要素(消費+投資+政府支出+輸出―輸入)が頭にあるかどうかで、場合によっては読み違いが防げることさえあります。

一次で以上の3科目にすべて合格しますと、次は二次で「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」「コーポレート・ファイナンスと企業分析」「市場と経済の分析」「職業倫理・行為基準」の4科目を受験することになります。名称から分かる通り、最初の3科目は一次の3科目にそれぞれ対応しています。最後の「職業倫理・行為基準」は、証券アナリストとして実際に業務を行ううえで知っておくべき倫理面の問題を学びます。

正直、職業倫理は我々翻訳者にはあまり関係ありませんが、どのような行為が金融商品取引法や職業倫理基準に抵触するのかの説明がことのほかおもしろく、楽しく勉強した覚えがあります。例えば「X証券のリサーチ・アナリストAさんは、大手小売業のY社を担当して長く、特に経理担当者のBさんとは懇意である。このほどY社の経営状況を説明する調査レポートを書こうとしたところ、Bさんから豪華なすき焼きセットを送られてきたため、レポートで株価のマイナス材料を扱わないことにした」など具体的で、結構おもしろいです(笑)。

まじめな話に戻りますと、最近は証券発行者や運用者、投資家の社会的責任が厳しく問われるようになっており、その手の翻訳も増えてきていますので、全般的な業界の流れといったものを知る役には立つと思います。(「スチュワードシップ・コード」や「ESG(環境・社会・ガバナンス)投資」がキーワードです)

さて。

実際にとる場合ですが、最短の場合でも一次で一年、二次で一年かかります。またそれぞれ日本証券アナリスト協会の通信講座(各5万円前後)の受講が必須ですので、資格取得までに少なくない時間とお金が必要となります。

わたしの場合、最初は独学で、ただ内容がざっと分かれば良いというつもりで始めたのですが、特に本丸の「証券分析」は独学ではまったく歯が立たず、思いきって資格予備校の講座を受けることにしました。そのため費用は当初の想定を大幅にオーバーしましたが、後悔はまったくありません。

上でも何度か言いましたように、原文の背後にある理論や考え方といったものが見えるようになりましたし、証券の専門家(証券会社等)が運用の専門家(機関投資家等)のために書いているような、それなりにレベルの高い文章も訳せるようになりました(もちろん、「何を言っているのかさっぱり」なために、いまでも正直、放り出したくなることがありますが)。講座にかけた費用も十分に回収したように思います(笑)。

ただ、やはり2年というのは長いですし、勉強している間は仕事ができませんので、すでに仕事をばりばりやっている翻訳者さんはなかなか難しいかもしれません。いずれにしても、我々の場合は資格をとること自体が目的ではありませんので、その人にあったやり方と時間のかけ方で学んで行けばいいのではないかと思います。

今回も長くなってしまいました。あと1回、このお話を続けたいと思います。


第25回 金融翻訳者になるには(2)

こんにちは。今回も「金融翻訳者になり、その後もずっと金融翻訳者を名乗り続ける」ために必要なことを、わたし自身の経験もまじえてお話したいと思います。(「翻訳者になると決めてから専門を決めた」人のケースです)

先回は、よく言われる内容として
1)日本経済新聞や金融業界紙、関連の専門書を読む
2)証券外務員などの資格をとる
3)金融翻訳の講座を受ける
を挙げ、1)についてお話しました。きょうは2)についてです。

当然ながら、関連の資格をとるには時間とお金がかかりますけれども、それだけの価値はあるように思います。一番のメリットは、やはり「まとまった知識を体系的に身につけることができる」点でしょう。個人で様々な本を読むのももちろん悪くはないのですが、どうしても知識が偏ったり、断片的になってしまいます。

また、株価や金利がどうの、オプションの仕組みはどうのといった、いわゆるテクニカルな知識を学ぶことはもちろん重要ですが、それに加え、資格によっては事業者(証券・運用会社や銀行)側の目線を身につけることができるという点で、メリットが大きいように思います。例えば「自分で投資しているから専門知識には自信がある」というような人でも、それはあくまで「消費者目線」であって、翻訳を依頼してくる事業者の感覚とは異なるからです。

金融翻訳を依頼する事業者(ソースクライアント)は多岐にわたりますが、当然ながら、証券会社や銀行、資産運用会社など、日々金融市場と関わりを持ち、金融市場が事業の場となっている企業が大半を占めます。これらの企業は、機関投資家として金融商品を購入・運用する資産運用会社などの「バイサイド」と、逆に証券会社など、金融商品を主に機関投資家に売却する「セルサイド」に大きく分けられます。「バイサイド」は「投資家」ですので、「消費者」と通じる面はあるものの、「顧客の財産を預かって運用することを商売にしている」点で、一般投資家とは大きく異なります。

さて、金融と聞いて、具体的な資格として普通思い浮かぶのは、
・日商簿記
・ファイナンシャルプランナー
・証券外務員
・証券アナリスト
などでしょうか。

簿記は、「金融・証券」と重なる部分が多いとは言えないものの、企業の経営状況を判断するための企業財務の知識が得られますので、まったく無駄ではないかもしれません。当然ながら、株式や債券を扱うには、それを発行している企業の経営状態を知る必要があるからです。ただ、例えば1級合格のための勉強時間は平均500時間だそうで、簿記の知識が金融翻訳でどれほど使えるかを考えると、そこまで時間をかける価値はないかもしれません。

次にファイナンシャルプランナー(FP)。これもまったく無駄ではないと思いますが、FPはあくまでも個人や家庭を対象に財産の管理等について助言するための資格ですので、先程言ったような「事業者目線」を得ることは難しそうです。

その点、3番目の証券外務員は、あくまでも事業者目線であり、実際に金融商品を売買するための知識が得られるという点で、大いに有用と思います。一種と二種があり、二種では信用取引やデリバティブ取引など、リスクの高い商品が扱えないとのことなので、せっかくならば一種の勉強をすることをお勧めします。

証券外務員のテキストを見ると、実際に売買にタッチする人たちのための資格だからか、証券アナリストよりも法律・法令、取引所の定款・規則などの面を幅広く扱っている感じがします。金融でも法務に強い翻訳者を目指すならば、大いに役に立ちそうです。(これもわたし自身持っていませんので、ぼんやりとしたアドバイスで申し訳ありません)

最後に証券アナリスト。これはハードルがぐっと上がりまして、一次と二次があり、最終的に資格をとろうとすると最低2年間かかります。一次だけでもかなりのボリュームがあり、証券外務員よりははるかに濃い知識を身につけることができます。

証券アナリストは、実はわたし自身が持っておりますので、次回、少し詳しくお話したいと思います。

わたしの場合、最初は特に資格をとるつもりもなく、証券外務員のテキストをただ読んでいた時期がありました。しかし「試験を受ける」という目標がないと、問題を解くこともせず、文字をただ追うだけになります。そのくせ「分かったような気になる」ので、実に始末が悪いです(笑)。よって、非常に自分に厳しい人以外は、お金も時間もかかりますが、どの資格でも実際に試験を受け、できれば合格を目指すことをお勧めします。



2 3 4 5 6 次 》


↑Page Top

プロフィール

アース(土川裕子)さん

アース(土川裕子)さん
愛知県立大学外国語学部スペイン学科卒。地方企業にて英語・西語の自動車関連マニュアル制作業務に携わった後、フリーランス翻訳者として独立。証券アナリストの資格を取得し、現在は金融分野の翻訳を専門に手掛ける。本業での質の高い訳文もさることながら、独特のアース節の効いた翻訳ブログやメルマガも好評を博する。制作に7年を要した『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の執筆者を務めるという偉業の持ち主。

(過去のハイキャリアブログはこちらから